SEXUAL TELEPATHY
(US: Black Top BT-1052), 1990
(JP: P-Vine PCD-22257), 2006


  1. Old Mr. Bad Luck
  2. I'll Take You Back Home
  3. A Weary Silent Night
  4. Time For The Sun To Rise
  5. No One More For The Road
  6. Going Public
  7. Love Is The Way Of Life
  8. Sexual Telepathy
  9. Happy Little Nobody's Waggy Tail Dog
  10. Always A First Time
  11. Make A Better World

Sexual Telepathy


Produced by Hammond Scott
Recorded at Southlake Recording Studios, Metaire, Louisiana

Personnel:
Earl King - vocals & guitar, piano (track 7)
George Porter, Jr. - bass
Kenny Blevins - drums
Ron Levy - piano, organ
Snooks Eaglin- guitar on track 7, second guitar on track 11
with the Kamikaze Horns
Mark "Kaz" Kazanoff - tenor and baritone saxophone and all saxophone solos
Keith Winking - trumpet
Mr. Excello - tenor saxophone
Saxy Boy - tenor saxophone

On tracks 2, 3, 6, and 8
The Broadcasters
Earl King - vocals & guitar
Ronnie Earl - guitar, guitar solo on track 6, second guitar on track 8
Richard "Dickie" Reed - piano, organ
Steve Gomes - bass
Per Hanson - drums
with the Kamikaze Horns

On track10
The Antone's House Band
Earl King - vocals & guitar
Derek O'Brien - rhythm guitar
Floyd Domino - organ
Sarah Brown - bass
George Raines - drums
Mark "Kaz" Kazanoff - tenor saxophone
Keith Winking - trumpet




前作から3年、ジョージ・ポーターJr.やアントンズ・バンドをバックにレコーディングされた、ブラックトップからの2作目。前回ルームフル・オブ・ブルースのギタリストとしてレコーディングに参加したロニー・アールは、今回は自分のバンドブロードキャスターズで4曲でバックをつけている。

前作よりも、自然な感じで、アールの個性が出ている快作と言える。2.のようなアップテンポでも、3.のようなバラードでもアールは生き生きとしている。2曲でスヌークスとの共演が聴けるのも嬉しいプレゼントだ。特にしっとりしたマイナー・キーの7.では、スヌークスのギターがよく歌っている。アールの歌の味わいも格別。11.(ジェイムズ・ブッカーのレパートリーだった曲)での、アールのポジティブなメッセージも嬉しくなる。

本作を含め、ブラックトップからリリースされた3枚のアルバムは、ブラックトップが倒産し廃盤になっていたが、2006年から2007年にかけてにPヴァインより3枚とも再発された。


アール・ファンへのお薦め度:




inserted by FC2 system