WINDY CITY BLUES
Little Walter & Otis Rush
(UK: Blue Moon 28)


  1. It's Hard For Me To Believe You Baby (Rush) - 6:02
  2. May Be The Last Time (Brown) - 4:03
  3. I Feel Good (Brown/Lark) - 3:01
  4. Otis' Blues (Bug/Rush) - 4:01
  5. Goin' Down Slow (Oden) - 4:23
  6. Walter's Blues (Jacobs/Tristan) - 3:33
  7. Lovin' You All The Time (Jacobs/Tristan) - 4:44
  8. Blue Mood (Hancock) - 3:29

Windy City Blues

Personnel:
Otis Rush - vocals, guitar

Recorded live in Chicago








BLUES MASTERS
Little Walter & Otis Rush
(US: Tomato TOM 9910-2 or R2 71713)


  1. You're So Fine
  2. May Be The Last Time
  3. It's So Hard For Me To Believe You Baby
  4. All About My Girl
  5. Walter's Blues
  6. I Got You
  7. Goin' Down Slow
  8. Watermelon Man

Blues Masters

Personnel:
Otis Rush - vocals, guitar

Recorded live in Chicago
Executive Producer: Kevin Eggers


恐らく、60年代頃のライブ。(以前からいろいろな海賊盤で出回っていたことのある音源で、そういう盤のなかには、60年代後半のペッパーズ・ラウンジでの録音と書いてあるものもあるらしい。)このトマト盤にはバックのメンバー、日時などのデータは一切なし。何故かリトル・ウォルターのライブとのカップリングとなっているが、一緒にやっているわけではない。演奏はスローの3.など気合いが入っててよいが、全体的に音は悪い。

やっている曲は、2.と6.がジェイムズ・ブラウン、4.はジミー・マクグリフのカバー。3.はオリジナルということらしいが、どこかで聴いたことある感じのスロー・ブルースだ。

アップテンポのインストの4.は、ギターのフレーズ、トーンともにラッシュっぽくないが、当時はこんなプレイも聴かせていたのだろうか?ちなみに、デルマーク盤「Cold Day In Hell」で"Motoring Along"としてやっている曲はこの曲と殆ど同じ曲だ。(江戸川スリムさんにご指摘頂きました。ありがとうございました。)

お薦め度:










inserted by FC2 system